「スリマンガラム:経堂」最上のランチミールスが食べられるチュティナード料理専門店

こんにちは。ソウスケ(@sosuke_curry)です。

「マツコの知らない世界」でも紹介された人気の南インド料理店「スリマンガラム」に行ってきました。

2020年1月にオープンした店ですが、名シェフ「マハリンガム」さんのお店で日本では珍しいチュティナード料理が食べられるということですぐに有名店になりました。

僕は3回目の来訪になりますが、「スリマンガラム」の特徴・魅力を書きたいと思います。

目次

スリマンガラムってどんなお店?

経堂北口から徒歩2分程度。すずらん通り商店街沿いにあります。

入り口から入ると4人がけのボックス席が2つ。その奥にカウンター席があるというラーメン屋さんのような作りになっています。

僕は平日ランチに行ってますが、すぐ入れるか1,2人並んでいるくらいで長くても15分程度並べば入れます。

シェフのマハリンガムさんはタミル・ナードゥ州南部にあるカーライクディ近郊出身。

インド各地で修行した後、「ナンディニ」「ヤジニ」という人気の南インド料理店にいた方で調理人歴は30年になるそうです。

独立するということで南インド料理マニアの間では話題になっていました。

チュティナード料理ってどんな料理?

インド料理を調べるときのバイブル「食べ歩くインド」によると、

チュティナード地方は古来より海外での塩や香辛料貿易を専業としていて、海外貿易で財を成した地域です。

貿易×財のおかげで、料理専門の家政婦を雇って、異国から入手した食材、スパイス、調理法を使った豪華な料理が発達し、それが現在のチュティナード料理の原型になっているそうです。

スパイス使いが独特と解釈すれば良さそうですね。

余談ですが、同書によるとチュティナード料理店は全世界で増加中とのことです。これから日本にもチュティナード料理店が増えていくといいなと思います。

スリマンガラムのメニュー

ランチミールスは

・ベジミールス 1,300円(税込)

・ノンベジミールス 1,500円(税込)

ランチカレーセット

・カレー1種類 900円(税込)

・カレー2種類 1,100円(税込)

ランチティファン

・ドーサ 900円〜1250円(税込)

・プーリーマサラ 900円(税込)

他にキッズカレーや主食の追加ができます

ミールスを食べた感想

ノンベジミールスを注文しました。この店は注文してから提供されるまでが異常に早い(大体2分以内)のですが、最短記録を更新。注文後30秒で出てきました。

仕事の合間にランチを食べに行っている僕としては嬉しいサービスです。

ノンベジミールスには以下が盛られています。

・サンバル(少し酸味のある豆と野菜のカレー)

・ラッサム(黒胡椒のきいたスープ)

・クートゥ(豆と野菜のポタージュ)

・チキンドライ(汁気の少ない鳥料理)

・マトンカレー(チキンカレーとどちらか1つを選べます)

・アッパラム(豆せんべい)

・ピックル(漬物)

・ライス

まず、サンバル。豆と野菜のカレーなので玄人好みの素朴で地味な味付けになりがちなのですが、ここのサンバルは旨味も塩味もしっかり。文句なしに美味しい。どうやって作っているのか教えてもらいたい。

ラッサムは酸味控えめ。ニンニクが効いていて美味しいです。

クートゥは甘みがあって優しい味。でも決してぼやけた味ではないんです。すごい。

チキンドライ、マトンカレーは当然美味しい。辛さは控えめ、スパイシーという感じでもないのですが、肉の旨味が際立つスパイス使い。これこそプロの技です。肉もゴロゴロ入っていてかなり満足度が高いです。

なお、僕は在宅勤務で増量中なので控えましたが、サンバル、ラッサム、ライスは「お代わりし放題」という嬉しいサービスもあります。

スリマンガラムの営業時間・定休日

営業時間

・ランチ 11:00〜15:00

・ディナー 17:30〜21:00

定休日 なし

※2021年4月1日時点。コロナの影響で通常より短い可能性もあるので要注意。


アクセス

電車に乗って行く価値のあるお店です!ぜひ皆さんも行ってみて下さい!


よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる